健康的だと思っていたら

こんにちは。
今日は風邪をきっかけに体を痛めてしまった方の症例を紹介します。

70代 男性 川口市在住

この方はとても健康的で、毎週のフィットネスクラブ通いを趣味にしていました。
毎朝のストレッチも欠かさず、必ず腰には万歩計。見事です。

しかし冬の疲れが祟ったのか、一度風邪をひいて寝込んでしまいました。
それで体がなまってしまったのか、それともたまった疲れが一緒に出てきたのか、
ある朝起きようとしたら、肩がズキンと……。そんないきさつで来院されたとの事でした。

初回体を診てみると、なるほど充実した筋肉、ですがやっぱり疲れが溜まっていたのか、
ところどころ張っていたり冷えていたり、特に痛めた肩周りは固まっていました。
この状態で悪い動きになってしまった為、肩が炎症を起こしてしまったという事だと考えられます。
健康的な様で、疲れは着実に溜まっていたようですね。

施術としては、疲れた筋肉をゆるめてあげる手技が主です。
当院独自の整体術は、体の奥の筋肉まで、無理なくゆるめてあげる事を得意としています。
その上で、肩の炎症部分には電気療法を併せて行います。

そして施術を終え、動きを助けるためにテーピングを行います。
これで後の動きの負担を減らしてあげれば、炎症も悪化させずに済んでくれます。

自分は健康だと思っていても、ちょっとしたきっかけでこんな事も。
一度、体のメンテナンスはいかがでしょう。

ジュモール院、田上でした。

川口ジュモール整骨院
川口市栄町3-11-21
048-291-9170