肘が痛い。

imagesIYF4V32D

こんにちは。

今回は高校生の野球部の男の子の症例をご紹介します。

Aくんは野球部でピッチャーとして練習に励んでいましたが、練習後から肘の痛みが出始め、痛みが増してきたため当院に来院しました。
来院当初は投球動作で痛みがあり、患部に電気の治療と肩周りと肘中心にしっかりとマッサージをしていきました。
Aくんには、日々の練習の投球数の制限と、テーピング方法、ストレッチをしっかりと指導をして様子をみてもらいました。
その後一週間に一度来院してもらい、痛みの具合を確認して痛み自体から軽減したため、さらに投球動作どの動作が痛みが一番強くでるのかを確認して治療をしていきました。

今回Aくんに行った電気治療も当院で取り入れている最新治療器により痛みを軽減を行っていきました。

3週間ほどたった今では投球動作での痛みが改善され、練習も通常通り行ってもらっています。

また肩のバランスや肩甲骨の位置なども左右差があったため、今では体全体のバランスを見て治療を行っています。

当院では、その方にあった最善の治療を目指して日々治療を行っています。
そういったお悩みをお持ちの方は是非一度当院にいらしてご相談下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

川口本町院
川口市本町2-7-25ミエルかわぐち1階
048-287-8567